カレンズ 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天 | クリップ

(DOCOMO F03-F)逆に黒い淵が写真の趣が出てるような感覚で私は好きです。(auのSHL21使用)メインカメラは黒淵移ります。広角レンズを使って自撮りしても風景まで入ってイイ感じに撮れました!!マクロレンズもかなり寄れて使いやすかったです。

コスパ最強と噂の!

2017年01月16日 ランキング上位商品↑

カレンズ クリップセルカレンズ 3種類 スマホ カメラ クリップ式 広角 マクロ 魚眼 レンズ 3種 セルカレンズ セルカ カメラレンズ 3WAY レンズキット 自分撮り カメラ

詳しくはこちら
 b y 楽 天

フィッシュアイ・マクロ・ワイドの3種レンズにクリップとレンズカバーと収納巾着のセットです。(写真参考)送料込でこの価格なら「アリ」です♪これから色々撮って楽しみたいと思います♪気になっていたカメラレンズ(*^^*)とても安買ったので、試しに、、と思い買ってみました!届いて使ってみるとレンズの取り外し少しが難しかったですが、とても楽しんでカメラを使えるようになりました!インカメで広角レンズを使うと思いのほか広い範囲が映るので友達と写真を撮る時背景まで入っていいと思いますっ☆自分用に旅行で使用しようと購入しました。思っていたのより凄く小さいレンズでびっくりしました。到着してすぐに使ってみようと思います。とても楽しみです。なかなか魚眼レンズで写真は撮ったことがなかったですが非常に面白いです。おもちゃではありますが、なかなかよくできています。もっと高価なセルカレンズでも!きっと同様なのでしょうから!コスパOK評価の商品です。皆さんが言っているように黒い淵は出ました。遊びで使うにはまったく問題なく使えるのでオススメです!ただ他の方も言ってる通りケラレが…でも設定でどうにかなるので馴れれば大丈夫と思います!21日に注文24日に到着しました。レッドを注文。いい色です!皆さんが言う通り黒の枠が入ってしまいますが、こんなフレームだと思えばなんともないです。ちなみに!バネ接合部分からレンズの中心まで!約25ミリです。セルカ棒は!荷物の多い自分にとって!持ち歩くには不便なのですが!このセットならポーチに。ねじの向きがそれぞれ逆方向なので少し合わせ難い。ですが、この価格で購入できて満足なので☆4です♪金曜昼注文→日曜メール便にて到着♪クリップ力強くしっかり挟めます。レンズを装着すると、少々画像が悪くなりますが、取り方によっては許せるように。更に安いショップもありましたが、イベントでポイントアップ対象の1000円以上にするためこちらで購入。手頃な価格で買えてよかったです。。まだ!ちゃんと使ってないのですがこれから春に向けていろいろな写真を撮って行きたいです。フィッシュアイ・マクロ・ワイドアングルの3種のレンズ、クリップとレンズカバーと収納巾着のセット。旅行に行くので購入。でも○枠をあえて使用するのもいいかなと思い私は購入してみました。塗装が少々雑な所!クリップがパカパカして開いている所!クリップのバネ部分が頼りない所!が気になりましたが!値段から考えて!★4にしました。魚眼・マクロ共にその名の通りの効果がありました。おもしろそうだと思って衝動買いしてしまいました。笑小さくてかさばらないし良い買い物をしました!でも接写レンズのフレームに最初から傷があったので星4で。ゴールドを購入しました。壊れるまで楽しませて貰おうと思います。写真の通りの色合いで ちょっとゴールドに見えないかな?!まぁ想像通りですけどね!海外へ行くので購入したので まだ使用してません。便利です。マクロレンズとワイドレンズを合わせて使うのは少し面倒。-この価格で遊べる写真が撮れますが、画質は劣化する様です。スカイツリーでは持っていてよかった!!と思いました。機種によっては!クリップが挟まらない・レンズが届かない!等が考えられますので!購入の際には確認した方が良いかと。他の方のレビュー通り枠が残ってしまうし!画質も多少落ちますがお安いし満足です。思っていたのよりは写りがどうかなと言う感じでスマホ内蔵カメラにあるmacroやFish Eye 、Wide Angle の方が解像度は良かったようです。しばらく楽しめそうです。なので使用状況の感想は まだ書けません。インカメラではスマホのレンズと魚眼レンズ位置をしっかり合わせれれば黒い淵は映らない。○枠は皆さんと同じく出ますがズームで無くなるかな。ご注意を。iphone5s利用です。消したい時は少しズームをかけると消えるので問題もないです。残念ながら!外カメ!内カメ共に黒い枠が入ってしまいました..外カメは!少しアップにすることで解消できますが。まぁ!今Line のホーム写真も○枠ですしLine 用に何か撮ろうかと思案中です。ただマクロは、ほんとに1〜2cmの近さまで被写体に近づいてピントが合う状態なので、スマートフォンが影をつくってしまう場合も多いです。